BACCHIC MOLE


掲載雑誌 マイコンBASIC Magazine 1982年 パソコンゲーム大全集II

ベーマガが月刊雑誌になる前の、ラジオの製作別冊だった頃の号です。
何月号という表記はありませんが
この号の後に出た創刊号が7月号ですので
この号は6月号にあたると思われます。

作者 小倉 正 氏

このゲームはHITOMIが中学生の頃、父にPC-6001を買ってもらって最初に入力したゲームです。
拡張RAMなし、オールBASIC製ながら、細かい点まで演出が行き届いた良質な作品でした。

全くの初心者が最初に入力するには少々長めにリストに見えましたが、
掲載写真を見て期待を膨らません、がんばって入力したものでした。

ドドドドドドドドド!という爆音とともに、5匹のもぐらが穴を掘り出す。


右上に待ち構えていた一匹のもぐらが、縦横無尽に動き出す。


そしてゲームフィールドを完成させます。この演出はなかなか凝っている!


ゲームの目的は金塊を全部とり、スタート地点に戻る事。


制限時間もあり、ゲームフィールドの周りをタイマーが回っています。
残り時間を単に数値で表示するのではなく、
ゲームフィールドの周りをタイマーが回る、という演出も細かい。


1面クリア〜!


面クリアごとに、制限時間が短くなります。
タイマーが最初から少し進められてからのスタートになります。
これも 「いきなりタイマーが進んだ状態からスタートする」 のではなく、
タイマーが進む様子をプレーヤーに見せてからスタートします。
う〜む。丁寧に作ってあるなぁ。


戻る